【スタッフ紹介】栄養士 みのり先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

給食スタッフの岡田みのりです!

 

栄養士になった経緯と、はないとで働くことを決めた理由について、自己紹介を含めお話しさせていただきます。

 

高校時代はウェディングや美容業界に興味があり、その道に進みたいと思っていました。

 

ですが、資格を取ることを母に勧められ、栄養科へと進学しました。

栄養学を4年間学び、管理栄養士の資格を取得しましたが、正直なところ料理は作ることより食べることが好きで、就職に悩みました。

そして何より人と接すること、話すことが好きなので、調理室にて調理メインの仕事を黙々とするという自分が想像できませんでした。

 

それでもせっかく大学で栄養学を学んだのだから何かしらの形で食に関わる仕事がしたいという気持ちがどこかにあり、菓子食品メーカーの商品開発部へ就職しました。

 

が!入社式当日!まさかの役員秘書部へという辞令!嘘?何で?と思いましたが、ポジティブシンキングが取り柄の私は、まぁ何でもやってみよ~!自分に合うかもしれない!若い時の苦労は買ってでもせよ!だなと思いました。

秘書部にて2年間勤務し、人事異動で広報部へ配属されました。

 

広報の仕事はとてもハードでしたが、出張で東京へ行けたり、CM制作の時に芸能人に会えたり、社内報を作成したりとすごく刺激的な毎日で、じっとしていられず、文章を書くのが好きな私には天職だったのかもと今では思います!笑

 

私は仕事大好き人間なので、一生バリバリ働くつもりで就職先も育休制度がしっかりしていて託児所がある場所を選びました。

ですので結婚後も辞めるという選択肢は無く、働いていましたが、通勤に時間がかかっていたのと、やはり業務も少しハードで、身体へのストレスなどもあったのか、思うように子供が授かれず、また引越しも決まって更に勤務地まで遠くなるので、やむを得ず退社することになりました。

 

辞めることを決めてからすぐに妊娠が発覚し、そのまま3年ほどは専業主婦をしていました。

自分が専業主婦になるなんて考えたこともなかったのですが、せっかく時間のあるうちに、この3年間は今しかできないことをやろう!と思い、ボランティアで子育てサークルの運営をしたり、ママボランティア団体のスタッフとして、ママフェスなどのお手伝いをしていました!

色んな場所に行き、たくさんの素敵な出会いがありました。

 

そして常に働きたい欲はあったのですが、栄養士の道を進みたいと思わせてくれたのは下の子のアレルギーでした!

アレルギーとは無縁の世界で生きてきた私にとって、息子の卵アレルギーは衝撃的で、診断を聞いた時は正直ショックでパニックになり大泣きしました。

 

それからは買い物の際は必ず食品表示を確認したり、身体にいいもこを買いに走ったりとアレルギー持ちの親御さんの気持ちを痛感する日々でした。息子はまだ酷くは無く、卵のみですが、それでも色んなことへの気遣いが必要で精神的に疲れる感じで大変でした。

 

この大変さを実感して、世の中のアレルギーに悩むお子さん、親御さんの力になりたい!子供達のおいしい!という笑顔が近くで見たい!と思い、子供に関わることができる給食関係のお仕事がしたいと強く思うようになりました。環境が変われば、考えも変わるものですね。

 

そんな時に出会えたのがはないとでした。

 

はないとは食へのこだわりも強く、アレルギーのお子様への配慮なども力を入れていて、偏食のある上の子、アレルギーを持つ下の子の為にもここで私も学びたい!と思いました。何の知識も経験もない私を雇っていただいて本当に感謝しています。

 

調理も得意では無く、まだまだ栄養士としての道は始まったばかりですが、負けず嫌い、行動力、ポジティブシンキングを生かして、今後も子供達のおいしい!の声を聞くために頑張ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長文になってしまいすみませんでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

052-485-5008
受付時間 8:00〜22:00

空き状況のご確認・ご予約はこちら

オンライン予約フォーム