【スタッフ紹介】栄養士 ともみ先生

はないと栄養士の梅ヶ迫友美(うめがさこ ともみ)です。
自己紹介致します。長文になりますがお付き合い下さい。
私は、家庭菜園をしていた祖父母、田んぼでお米を育てる父、そして料理上手な母の元で育ちました。
季節によって様々な野菜がとれ、旬な野菜がどっさり取れた時は毎日飽きないようにと手を変え、品を変えて料理を作ってくれました。
春にはイチゴ、夏にはスイカ、秋には畑の片隅に植えられた柿や桃、冬には枝が折れてしまいそうなほどみかんが採れ、季節が巡る度にいろいろ果物も出来ます。 また、その場でとって食べるイチゴは最高!
そして何より秋に穫れる新米!!つやつやピカピカ炊き上がったお米は立ってる。食べたら甘〜い‼︎
小さい頃は親戚総勢で種まきから始まり、田植えをしてお米の収穫。子供ながらにお米の成長を見ながらということもあり、我が家で穫れるお米は格別です。
知らず知らずのうちに食育を学び、旬のものの美味しさを知り、新鮮な野菜や果物を食べていました。こんなありがたい環境で育ち、食べることが大好きな子供でした。
母の影響で料理を手伝うようになり、家族が”おいしい”と言って食べてくれる喜びを知りました。
進路を決めないと行けない時、私は何が好きなのか?何をしている時が楽しいのかを考えた時、食べる事が好き、料理を作るのが好き、何が無心で没頭してるのが好き。この時、食に携わる職業に就こうと決めました。
栄養士免許を取得し、保育園と特別養護老人ホームの複合施設で調理兼栄養士として約3年半働きました。
離乳食からミキサー食まで、幅の広い年齢層の食に携わりました。
園児には絵本を使った、食育や、カセットコンロを教室に持ち込んでのお菓子づくり、行事食にも力をいれていました。
特養では、なかなか外出出来ないお年寄りの為に、旬の食材を使った松花堂弁当を作ったりもしました。

そしていつしか、医療に興味を持ち、人生は一度きり。興味を持った事はすぐにやってみたくなる私は、薬局に転職。
処方箋の受付、レセプト処理、薬剤師補助、食による健康相談や、子供に薬を飲ませる方法、OTCの販売、処方箋処理など、また違った方面の仕事を経験しました。接客業はまた新鮮でとても、やりがいのある仕事でした。
出産を機に5年働いた薬局を退職。

子育ては新鮮な事ばかりで新米ママながらも毎日たのしんでいました。でも、社会から離れて、なんだか寂しい気持ちが何処かに…
子育てに専念してる中、ふと見つけた求人。社会参加、社会貢献したい‼︎
思い立ったらすぐ行動の私は、子供と同伴で仕事にいけ、好き料理も作れ、社会参加出来る。こんな好条件はないと、見つけて1時間後に連絡をしていました。笑

息子は典型的な野菜嫌い…。
小さく刻んで混ぜこむのはもちろん、調理法をかえてみたり、一緒に料理してみたり。畑に行って野菜を収穫してみたり。あの手この手で奮闘中です。
でも…はないとでは、周りのお友達が食べてる事で、苦手な青菜をパクっ!家では食べない野菜も食べれます。
不思議ですよね?
子供の食べず嫌いでお悩みでしたらはないと給食を食べに来てください。
意外な一面が見られるかもしれませんよ(^∇^)

安心、安全、おいしいはもちろん、お子様に興味を持ってもらえる食事作りを心掛けていきます‼︎

お電話でのお問い合わせはこちら

052-485-5008
受付時間 8:00〜22:00

空き状況のご確認・ご予約はこちら

オンライン予約フォーム