給食について

MEAL

一人ひとりに合わせたお料理を

徹底した管理で安心・安全なおいしい給食をご提供します。

多くの託児施設が仕出し給食に頼っている中、「はないと」ではすべてのお食事を専属管理栄養士が献立作成し、専属スタッフが自園調理しております。安心・安全で美味しく、楽しい雰囲気を心がけた食事を提供することで、お子様の健やかな成長をサポートします。※食材は、仕入れやアレルギー対応などにより一部メニューを変更する場合があります。その場合、当日、スタッフよりお知らせします。

管理栄養士によるバランスの取れた献立作成で、安心安全

当園には専属の管理栄養士が在籍しており、お子様一人ひとりに合わせたバランスの良いお食事を提供しています。献立内の卵や乳は完全不使用にするなど食物アレルギーを持つお子様への対応も行っています。また離乳食も各段階を取り揃えております。キッチン内の衛生管理は認可保育園の運用や、保健所の指導、衛生管理マニュアルに基づき厳重に管理しております。

美味しく、100%食べられる給食

栄養バランスだけではなく「美味しく、100%食べられる給食」を目標にしています。 食材は地産地消を中心に旬の野菜をふんだんに使用し、お米、肉、豆腐、調味料もこだわりの生産者より取り寄せています。だし汁をしっかりとり、素材の味を引き立て薄味に仕上げています。 また、苦手な食材でも美味しく残さず食べられるように調理上の工夫も忘れません。 私たちの給食は、我が子を思う母の愛情をベースに成り立っています。

こだわりの食材

食材は地産地消を中心に旬の野菜をふんだんに使用し、お米、肉、豆腐、調味料もこだわりの生産者より取り寄せています。

地産地消で安全なお野菜・お米

「はないと」のお野菜、お米は愛知県阿久比町で安心安全なお野菜をつくっている「つづき農場」様に毎週届けていただいております。減農薬・無農薬のお野菜や特別栽培米を主に使用し、地産地消にこだわっています。

知多半島で育った地域ブランド豚「知多豚」

お肉は全て国産のものを使用しております。特に豚肉は、知多半島の豊かな土地で育った柔らく旨味の強い「知多豚」を使用しております。

名古屋の老舗お豆腐屋さんの豆腐

離乳食や幼児食では、よく豆腐が使われるのですが、はないとでは、名古屋の老舗「くすむら」様の絹ごし豆腐を使用しています。国産の大豆で作られていて、豆の香りや甘味がしっかりと感じられるのが特徴。なめらかでとてもおいしいです。豆腐のほかに豆乳や油揚げなどの大豆製品も、「くすむら」様のものを使用しています。

こだわりの調味料

愛知県産三河みりん…より自然な栽培方法の原料を使用し、昔ながらの蔵の中で伝統的な製法で作られる「角谷文治郎商店」様のみりんを使用しています。

愛知県産たまり醤油…丸大豆と天日原塩を使用して3年熟成させ、大豆の旨味と栄養が引き出された「南蔵商店」様の本格たまり醤油を使用しています。

…日本古来の伝統的な平釜製法によりつくり上げた塩を使用しています。

粗糖…砂糖は種子島産サトウキビ絞り汁を結晶させ、微量栄養素ミネラル分を多く含む粗製糖を使用しています。

日本食の基本、だし汁

鹿児島県産の鰹節と北海道産の昆布を使用しています。離乳食、幼児食に使用するおだしは毎日おいしくしっかりとひいているので、薄味でも物足りなく感じません。

とうもろこしが原料の食器

iiwan様のランチ皿とおやつ皿を使用しています。子どもにとって安心安全な植物原料素材からできているのでプラスチック特有の臭いがなく、お料理を美味しく食べてもらえます。環境にも優しく、有害物質が出ることもなく地球に還り、土壌や大気に影響を与えません。子どもの感受性を豊かにしていく道具選びもはないとのこだわりです。

離乳食について

こだわりの食材と調味料を使用し、砂糖を使用しない離乳食を中期後期のお子様に日替わりで提供いたします。
恐れ入りますが予約日までに以下基本使用食材を2回は召し上がって登園いただきますようご案内しております。

以下の食材を予約日までに2回はお召し上がり下さい
基本使用食材:じゃがいも・人参・青菜(ほうれん草、小松菜)・玉ねぎ・ささみ・豆腐 醤油・味噌・塩・だし(昆布、鰹)・片栗粉

※ご家庭で2回食、3回食を実施されている場合は保育士までご相談ください。

食物アレルギー・未食の対応の流れ

当園の給食では乳・卵を使用しておりません。その他の食物アレルギーや未食の食材があるお子様は代替えの給食をご提供いたします。食物アレルギーのお子様には、園のスタッフ全員で下記の徹底した管理を行い、安心安全の給食やおやつのご提供をお約束します。

1.ヒアリング

予約・または受け入れ時に担当保育士がしっかりヒアリングし、お子様の給食メニューを決定いたします。

2.食札の作成

お子様専用の食札を作成し、対応内容をしっかりと記入します。

3.担当保育士と調理者の確認

朝礼及び昼礼にて保育士と調理者で食札・口頭確認のWチェックを行います。

4.食材納入・調理

栄養士と調理者によるメニューと原材料表示の確認を徹底し、出来上がった料理は専用の食器に盛り付け、異物混入に細心の注意を払います。

5.提供・確認

提供時に再び、保育士と調理者で食札を確認し、お子様には専用の食器とエプロン、机をご用意しており担当の保育士が食事介助いたします。
※当園では、一般食と食物アレルギー対応食が同一のキッチン内で作られており、調理施設や調理器具を介した食物アレルギー原因物質(アレルゲン)のコンタミネーションについて対応できません。